奈良県立高円高等学校音楽科卒業。2008年大阪教育大学教育学部教養学科芸術専攻音楽コース卒業。第49回関西新人演奏会出演。 2002年から2年連続で奈良県独唱・独奏コンクール最優秀賞受賞。2003年には第4回大阪国際音楽コンクール高校生の部第1位、エランドール賞受賞。 入賞者ガラコンサートに出演。同年第13回日本クラシック音楽コンクール全国大会高校の部第5位、(1,3位なし)。2010年第40回イタリア声楽コンコルソ入選。 第26回摂津音楽祭奨励賞の各賞を受賞する。
2010年、びわ湖ホールにおいて、ペーター・コンヴィチュニー・オペラ演出ワークショップ受講。 『蝶々夫人』ケイト役でオペラデビュー。その後『つばめ』マグダ、『フィガロの結婚』ケルビーノ、『ドン・ジョヴァンニ』ドンナ・エルヴィラ役等で出演、いずれも絶賛を博す。 また「第九」「レクイエム」等の宗教曲のソリストを務めるとともにザ・シンフォニ−ホ−ル主催公演などにも頻繁に出演、今最も関西で注目されている若手歌手のひとりである。 関西二期会準会員。

戻る