3歳よりピアノを始める。その後声楽に転向し、2004年東京学芸大学芸術課程音楽科声楽専攻卒業、 2007年東京藝術大学大学院修士課程独唱課修了。第52回滝廉太郎高校声楽コンクール全国大会入選。 2002年度ジュニアクラシックコンクール審査員賞受賞。2003年度ソリストコンテスト審査員賞受賞。 第13回日本クラシック音楽コンクール大学の部全国大会最上位受賞。 2007年にイタリア政府並びに国際ロータリークラブの奨学金を得てイタリアに留学開始。 ナポリ国立音楽院大学院に首席、満点で合格。第42、43回日伊声楽コンコルソ入選。 2007年サンレウチョ国際コンサート第1位、2009年カンポフレグレイコンサート第1位。 2007年「新しい声」世界オペラコンクールにて審査員からの推薦を受けドイツでのマスタークラスに招待される。 また、ライナ・カヴァイバンスカ女史、カ-ティア・リッチャレッリ女史のマスタークラスにオーデション選考により参加する。 2004年にモーツァルト「コシ・ファン・トゥッテ」のフィオルディリージ役でオペラデビューの後、 「魔笛」の第1の侍女、夜の女王、「ラ・ボエーム」ムゼッタ等で出演。また、新宿三井ビルランチタイムコンサート、 新潟中越地震復興支援コンサート、成田空港ターミナルコンサート、クリスマスチャリティコンサート、 オペラミニコンサート&ドレスショー、日産ニューイヤーコンサート等数多くのコンサートに出演。 2006年夏に南イタリア、バーリにてオーケストラと共演。また、愛媛にてソロリサイタルを行い好評を博すなど、 ソロリサイタルを始め、宗教曲のソリストなど数多くのコンサートに出演。最近ではラジオ出演や作詞作曲も手がけるなど、 幅広く活動している。昨年Duo in Sol Levanteを立ち上げ、バロック、日本歌曲、オペラ・アリア、ナポリ・カンツォーネ、 映画音楽、自主制作曲に至るプログラムで成功を収め、イタリアにてテレビ出演。 これまでに佐藤陽三、嶺貞子、荘智世絵、大野徹也、林康子、ジャンニコラ・ピリウッチ、ディミートラ・テオドッシュー の各氏に師事。日本声楽アカデミー会員。 現在イタリア・ナポリ在住。


戻る