名古屋市出身。5才よりヴァイオリンを北垣紀子、久保田良作、原田幸一郎の各氏に、室内楽を店村眞積、三善晃の各氏と東京カルテットに師事。 桐朋学園大学音楽学部ソリスト・ディプロマコースを首席で修了後、ジュリアード音楽院でドロシー・ディレイ、川崎雅夫の両氏に、 ロンドンでジョルジュ・パウク氏に師事。  1997年にハノーヴァー国際ヴァイオリンコンクールで日本人として初優勝し、内外の音楽界の大きな注目を集める。 またそれまでにも多くの受賞歴があり、主なものは、パガニーニ国際コンクール第2位、メニューイン国際コンクールジュニア部門入選、 日本音楽コンクール入選、インディアナポリス国際コンクール入賞などがあげられる。  11歳で名古屋フィルと共演して以来、N響、読響、都響、東響、東フィル、新日フィル、大阪フィルなどを含む、 国内ほぼ全てのオーケストラと共演。海外でも、ロンドンフィル、ハノーヴァー北ドイツ放送響、ストックホルム室内管、 ニュージーランド響、南西ドイツフィル、シンガポール響などをはじめとする著名なオーケストラと共演を重ねている。  2000年には、トヨタ・ミレニウムコンサートでウィーンフィルメンバーとモーツァルトの協奏曲を共演、日本ツアーを行い、 好評を博す。シャルル・デュトワ、チョン・ミュンフン、ヤーノシュ・フリュスト、ルドルフ・バルシャイ、レイモンド・レッパード、 ダヴィッド・ゲリンガス、野島稔、原田幸一郎、竹澤恭子など、内外の重要な音楽家との共演も多い。その他、アスペン音楽祭、 ヴェルヴィエ音楽祭、ラヴィニア音楽祭、クフモ音楽祭、オランダ音楽祭など海外の音楽祭にも多数参加。 ナクソスレーベルよりリリースされたデビューCDは「レコード芸術」誌上で準特選の高い評価を得、また海外の各紙でも絶賛される。 室内楽への取り組みも意欲的で、自ら「アポロ弦楽四重奏団」を結成し、2006年に名古屋と東京でのデビューコンサートで 大きな成功を収めたことは記憶に新しい。 現在パリを拠点に国際的な活躍を続けている。


戻る