12歳から英国メニューイン音楽院に単身留学し、メニューインに7年間師事。文化庁芸術家在外研修員、 ロームミュージックファンデーション奨学生としてウィーン国立音楽大学、大学院で研鑚を積む。 2000年メニューイン国際ヴァイオリンコンクールシニア部門で優勝し、一躍注目を集める。 ビオッティ・バルセシア、ウィーン国立音大ソリストコンクール、フォーバルスカラシップ・ストラディヴァリウス各コンクールで第一位を獲得。 また、エリザベート王妃、パガニーニ、シゲティ各国際コンクールに入賞。 1993年、ユニセフ主催イタリア演奏旅行に招かれバチカンにてローマ法王に謁見。翌年、イスラエル建国記念式典演奏会に出演。 96年、ロンドンロイヤルアルバートホールで開催された“メニューイン“80歳記念ガラコンサート”にて ロストロポーヴィチ、アンネ・ゾフィー・ムター等と出演。98年11月、世界人権デー発足5周年記念会議に招待され、 ニューヨーク国連本部でバッハを演奏。06年12月には、五嶋みどり主催 『ミュージック・シェアリングの コミュニティ・エンゲージメント・プログラム』のカルテット・メンバーとしてベトナムにて公演を行い、更なる展開をしている。 これまでシュロモ・ミンツ、G.A.アルブレヒトら著名指揮者のもとでドイツ・ワイマール交響楽団、ベルギー国立管弦楽団、 サンカルロ歌劇場管弦楽団など多数共演を重ねている。 日本では03年東京シティ・フィルでオーケストラ・デビューし、その後NHK交響楽団、東京交響楽団、新日本フィルハーモニー交響楽団 など主要オーケストラと共演。04年にはニッポン放送「新日鐵コンサート」で紀尾井ホールにてリサイタルデビュー。 英国メニューイン音楽院講師にも就任した。06年にはロンドン・ウィグモアホール、東京文化会館、カタールにてリサイタルを行うなど、 日本のみならず海外でも活躍中。08年度は9月にNHK交響楽団の北海道ツアーに出演した他、各地でリサイタル、読売日本交響楽団との共演を 予定している。また09年1月のCDリリースに向け準備を進めている。 これまでにN.ボヤスキー、D.シュワルツベルグ、M.フリッシェンシェンシュラーガー、小林健次、小林武史、富川歓ら各氏に師事。 平成20年・21年度 公共ホール音楽活性化支援事業登録アーティスト。英国メニューイン音楽院教授。 使用楽器:Giovanni Battista Guadagnini 1772製作 


戻る