大阪府交野市生まれ、4歳よりピアノを始める。 第41回全日本学生音楽コンクール西日本大会中学校の部第1位。 桐朋女子高等学校音楽科を経て、同大学ソリスト・ディプロマ・コース入学。1994年よりフランス国立パリ高等音楽院に留学。 1997年に同学院を全教授一致の1等賞、あわせてブルショロリー賞を受賞して卒業。  1998年、第11回チャイコフスキー国際コンクール(モスクワ)に出場、ファイナルに残りディプロマを受賞。 同年、ロン=ティボー国際コンクール(パリ)にも出場し、モファ賞(最優秀ショパン演奏賞)を受賞した。 2000年、第14回ショパン国際ピアノ・コンクール(ワルシャワ)では、日本人最高位となる第6位入賞を果たし、 大きな注目を集める。 2001年4月、第27回日本ショパン協会賞を受賞。 これまでにヨーロッパ、アメリカ、モロッコ、日本各地でのリサイタルや室内楽のコンサート活動を行っており、 アルノルド・カッツ指揮/ロシア国立交響楽団、アントニー・ヴィット指揮/ポーランド国立放送交響楽団、 カジミエシュ・コルド指揮/ワルシャワ国立フィルハーモニー管弦楽団、タデウシュ・ストルガラ指揮/ ウィーン・トーンキュンストラー管弦楽団、群馬交響楽団、日本フィルハーモニー交響楽団、東京フィルハーモニー交響楽団、 大阪フィルハーモニー交響楽団、東京都交響楽団といったオーケストラと共演。また、パリ、およびドゥシニキ(ポーランド) のショパン音楽祭に招かれた他、アヌシー(フランス)での巨匠ジャン=イヴ・フレモー(サックス)との共演、 ガミング(オーストリア)でのコンサート、オーヴェール音楽祭(フランス)出演のほか、サル・ガヴォー、サル・コルトー(パリ)、 モスクワ音楽院大ホール、ワルシャワ国立フィルハーモニーホール、王子ホール、カザルスホール、 浜離宮朝日ホール、紀尾井ホール、津田ホール、東京芸術劇場、東京文化会館、いずみホール、 京都コンサートホールなどの内外の著名なホールに出演し、圧倒的なスケール感、卓越した楽曲構成力、 鮮やかなテクニックで聴き手を魅了して、大きな成功を収めた。 2003年6月にはウィーンとグラフェネクにてリサイタルを行った。2004年8月には、 セッション録音による初のアルバムがカメラ−タ・レ−ベルから発売された。 2007年3月には2枚目のCDも発売予定。 これまでに竹内美知子、パスカル・ドヴァイヨン、ジャック・ルヴィエ、井上直幸、御木本澄子、竹内啓子の各氏に師事。 「極めて自然体のピアニズムがあります。彼女のしなやかな演奏は、私にとって、常に興味深いものです。特にショパンは、 まさに彼女にぴったりの音楽です。」(ジャック・ルヴィエ) 「音楽をしっかりと構成しているし、またテクニック的にも鮮やかな、そしてスケールの大きな演奏を示して、 近頃出色のピアニストだ。」 − 「一点の濁りも感じさせない鮮やかなピアニズム」(『音楽の友』)


戻る