3歳より才能教育研究会(スズキ・メソ−ド)にてピアノを始め、6歳でモーツァルトのピアノ協奏曲第26番「戴冠式」を演奏、 87、88年に同研究会より、一ヶ月間アメリカ演奏旅行に派遣された。1992年、モスクワ青少年ショパン国際ピアノコンクール優勝、 日本および台湾にて10数回 のリサイタルを開催。94年、パリ・エコールノルマル音楽院入学。 95年、16歳で第46回 ヴィオッティ国際コンクール3位 (1位なし)入賞。1996年、同音楽院・最高課程 を首席卒業後、パリ国立高等音楽院入学。第52回ジュネーブ国際コンクール特別賞受賞。 97年、第46回ミュンヘン国際コンクール3位(1位なし)入賞。1999年、パリ国立高等音楽院を審査員全員一致の首席で卒業し、 併せてダニエル・マーニュ賞受賞。同年マルタ・アルゲリッチ国際コンクール優勝。その後、日本、フランス、アルゼンチン、 ポーランド、イタリアなどでリサイタルを開催。パリ・ショパン・フェスティヴァル、 ノーアン音楽祭、 別府アルゲリッチ音楽祭、 ドゥシニキ音楽祭、台北アルゲリッチ音楽祭に出演。2001年12月、 イタリアにてリサイタル・ツアーを行う。 これまでにバイエルン放送交響楽団、モスクワ・フィルハーモニー管弦楽団、アルゼンチン国立管弦楽団、トリノ国立管弦楽団、 バーゼル・コレギウム管弦楽団、NHK交響楽団、オーケストラ・アンサンブル金沢、読売日本交響楽団、名古屋フィルハーモニー交響楽団 など内外のオーケストラと共演。 2003年1月、彩の国さいたま芸術劇場の「ピアニスト100」に選ばれた。また同年5月にサントリーホールで行われた別府アルゲリッチ音楽 祭室内楽コンサートでただ一人ソロを任されたほか、ミッシャ・マイスキー、セルゲイ・ナカリャコフらと共演し、喝采を浴びた。 6月にはオルフェウス室内管弦楽団日本ツアーのソリストに抜擢されるなど、着々と地歩を固めている。 2004年2月には待望のCD「シャコンヌ」をコロムビアミュージックエンターテインメント鰍謔閭潟梶[スしCDデビューを飾り、 「見事な技巧と叙情的歌い回し 期待の新星ピアニスト」(レコード芸術)と絶賛された。また2005年5月には2枚目のCD「ラ・ヴァルス」 をリリース。 2006年8月には3枚目のCD「ファンタジ−」をリリ−ス。これまでにピアノを星洋子、中島和彦、中沖玲子、 ジェルメーヌ・ムニエ、ブルーノ・リグット、 中村紘子の各氏に、室内楽をジャン・ムイエール、クリスチャン・イヴァルディの各氏に師事。


戻る