2002年、ザルツブルクで行われた第8回モーツァルト国際コンクールにおいて日本人として初めて優勝し、 一躍注目を浴びる。現在、モーツァルトからリゲティまで幅広いレパートリーで、着実に活躍の場を広げている。 1993年、桐朋学園女子高等学校音楽科を卒業後、イタリアのイモラ音楽院に留学。 1997年、ユベール・スダーン指揮、シチリア交響楽団のコンサートツアーのソリストに抜擢され、 ラフマニノフのピアノ協奏曲第3番を3夜連続コンサートで演奏し、イタリアの新聞紙上で絶賛された。 2003年には夏のザルツブルク音楽祭でのモーツァルト・マチネで、 ザルツブルク・モーツァルテウム管弦楽団とモーツァルトのピアノ協奏曲を演奏し、大成功をおさめた。 これまでに、国内主要オーケストラとの共演をはじめ、ニューヨーク・ヴィルトゥオージ室内楽団、 スロベニア放送響、ザルツブルグ室内管、香港シンフォニエッタ等と共演。また、リサイタル、 室内楽の分野にも積極的に取り組み、2004年にはライピツィヒ弦楽四重奏団と、2006年にはアフラートゥス・ クインテットと日本ツアーを行った。2006年にはサントリーホール(東京)、ザ・シンフォニーホール(大阪)、 札幌コンサートホールKitaraなど、全国6都市の各主要コンサートホールにてリサイタルツアーを行い多くの聴衆を沸かせた (JSBグループチャリティコンサート)。 2005年 初のソロCD「モーツァルト・アルバム」(エイベックス)をリリースし、第18回(2005年度) ミュージック・ペンクラブ音楽賞を受賞。2006年、アフラートゥス・クインテットと共演した「バラエティ」 (オクタビア・レコード)と「モーツァルト・アルバム第2弾」(エイベックス)がリリースされ、好評を得ている。 2007年、第17回出光音楽賞受賞。


戻る